マカロンを毎回成功するための3つのポイント

先週は友達のリクエストでマカロンを作りました!薄いピンクに着色し、チョコレートガナッシュをはさみました。大好評でした!

 

f:id:pasticcere:20170526181100j:plain

「マカロンは作るのが難しい」とは思う人が多いと思いますが、何回か作ってみるとすぐにコツをつかめます。私は成功するまでに4回、失敗を重ねました。生地が広がりペチャンコのマカロン、膨らみすぎ割れたマカロン、クッキングシートからはがれなかったマカロン、すべての失敗を経験しています。それらを重ね、やっとマカロンをマスターしました!

そこで、私の経験から学んで一番大切だと感じることを公開します。

 

1)マカロナージュは、ケーキの生地の感触・質感になるまで混ぜる

 

カロンを作るとき一番困難なステップはマカロナージュ(メレンゲを粉砂糖、アーモンドプードルと混ぜる)です。混ぜすぎると生地が薄くなり広がり、混ぜるのが足りないとマカロンが割れてしまいます。混ぜる回数などを数える手段はありますが、それに従って成功したことはないです。ここでポイントは、ケーキの生地の感触・質感になるまで混ぜることです。ゴムべらから、とぎれるリボンのように落ちるまで。絞り出すと合計1cmくらい広がるまで。これを心がけるようになってから、私は毎回成功するようになりました。

 

2)完全に生地の表面が乾くまで焼かない

 

生地を絞り出したあと、必ず表面が完全に乾いてから焼きます。指で触り、生地が指にくっつかなくなるまでは絶対に焼かないでください。だいたい一時間程度ですが、部屋の湿度にもよりますので自分で確かめてください。こうすると焼いているときにメレンゲの空気がクッキーから逃げないので、割れなくなります。

 

3)メレンゲは「stiff peak」になるとそこでストップ

 

メレンゲは絶対に泡立てすぎないことがポイントです。「stiff peak」(つのが立ち、つやのあるメレンゲ)になったときに、そこで泡立てをストップしてください。私はここで「念のために」、とメレンゲがぱさぱさになるまで泡立て続けて大失敗した経験がある。だからつのが立った時点でそれ以上泡立てるのはは我慢してください!

 

これらのポイントが私にとって一番役に立ちました!現在もマカロンを作るときはこれらを心がけています。役にたててもらえると嬉しいです!

 

では先週作ったマカロンの話に戻ります。

中身はいつものチョコレートガナッシュにしました!一つ一つに、たっぷりと載せました。

f:id:pasticcere:20170526181047j:plain

 

二つのクッキーを合わせ、こんな感じになりました!いくつかのマカロンは、周りに刻んだくるみをつけました。オシャンティーな感じになったと思いますhaha

f:id:pasticcere:20170526181129j:plain

 

カロンは私の大好物の一つです。甘ーいアーモンドの風味とチョコの組み合わせは中毒になります!食感はソフトで口の中で溶ける、たまらない食感です。また今度、バラの風味のマカロンを作りたいと思っています!

 

f:id:pasticcere:20170526181206j:plain

 

では私が使っているレシピを紹介します!

 

entertainingwithbeth.com

Beth Le Manach さんのレシピです。英語なので、材料を以下に日本に翻訳しました。

約25個分のマカロンを作るため:

・3個 卵白(常温)

・50g グラニュー糖 

・200g 粉砂糖

・120g アーモンドプードル

・塩 一つまみ

・(食品着色料は、メレンゲに加える)

手順は基本のマカロンの作り方と同じです!メレンゲを作り、アーモンドプードルと粉砂糖をふるい入れ混ぜます。クッキングシートに絞り出し乾燥させ、焼いて(150度で20分)さめると中のガナッシュをはさみます。

ぜひ試してみてください!